Q 屋根の葺き替え工事中に雨が降ったらどうなるの?


屋根の工事、雨が気になりますよね。


工事する側の私たちも、天気、特に雨には気を遣います。


屋根の葺き替え工事の時は、屋根材をはがして新しい防水シートを張るまでが勝負です。

なので、この工程は極力1日で終わらせるように計画を立て、職人を揃えて工事をします。


午前中に屋根を解体し、下地に痛みがあれば補修し、夕方までに防水シートを全面に張ります。

防水シートを張ってしまえば、雨が降っても、お家の中に水が入る心配は無くなります


できるだけ雨の降る可能性が少ない日に、この解体と防水シートの工程を組んでいますが、梅雨の時期や、夕立の多い夏の時期は突然雨に降られる事も...


そんな時は、天気が怪しくなってきた時に現場管理者がすぐブルーシートをかぶせられる様、待機する策をとっています。

それでも間に合わず、雨が屋根の下地に入ってしまった場合は、弊社が加入している建設損害保険を利用し修理等を行いますので、お客様に費用などをご負担いただく事はありません。


どうぞ安心して、工事をお任せください。

スマートフォンの方